マー君ヤンキース入りで里田まいも危惧した「メディア」と「愛犬」

公開日: 更新日:

 日米で大きな話題になっている、田中将大(25)のヤンキース入り。23日に仙台市の楽天Koboスタジアム宮城で記者会見を行った田中は、妻の里田まい(29)について、「僕の意見を尊重してくれている」とサラリ。

 しかし、マー君がすんなりヤンキース入団を決めたわけではない。夫婦が最も危惧したのが、ニューヨークの生活環境やシビアなメディアだった。

 ヤンキースタジアムのあるブロンクス地区は再開発が進んでいるものの、ニューヨークの中でも物騒な場所なのは間違いない。おまけにニューヨークメディアは「世界一シビア」。いいときは最大級の賛辞を贈る一方、期待を裏切ったときは袋だたきにする。輝かしい実績をもちながら、ヤンキースに移籍したとたんダメになった選手は枚挙にいとまがない。

「田中とまい夫人は、連日のようにニューヨーク情報をチェック。ときには夫婦そろって知人に会い、ニューヨークが愛犬を飼うのに適した場所なのかどうか、メディアの攻撃から私生活は守られるかなどを尋ねて回ったようです」(現地在住ジャーナリスト)

 当初は今月中旬にも出す予定だった結論が、ここまで延びたのはそんな事情もあったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る