日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今度はベテラン右腕が八つ当たり マー君の大型契約に異論続々

 ヤンキースが田中将大(25)と交わした大型契約について、他球団だけでなく現役選手からも異論があがり始めた。

 メジャー通算138勝(127敗)をマークしている右腕のブロンソン・アローヨ(36=レッズからFA)は29日(日本時間30日)、スポーツ専門局「ESPN」のインタビューに応じ、田中がヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約161億円)で契約したことについて「MLBの球団はまた同じ過ちを繰り返すのか?」と断言。2007年に6年総額1億ドルでレッドソックスに入団した松坂を引き合いに出して、こう苦言を呈した。

■「メジャーは松坂の契約から学ぶべき」

「ダイスケ(松坂)はメジャーに移籍して最初の2、3年いい働きを見せただけで、成功はしていない。そのことを忘れて次に続く投手(田中)にまた、大金を投じた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事