マー君にヤンキース入りを決意させた18歳の「原体験」

公開日: 更新日:

 全米で注目を集めた日本人右腕の移籍先がようやく決まった。ヤンキースは22日(日本時間23日未明)、楽天からポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた田中将大(25)と7年契約を結んだと発表。ヤンキースの公式サイトによると、総額1億5500万ドル(約161億円)で、年俸は6年目までが2200万ドル(約23億円)、7年目が2300万ドル(約24億円)。契約には田中が希望すれば4年目終了時にFAになる条項が盛り込まれた。7年総額1億5500万ドルは投手史上5番目の大型契約になる。

 交渉期限である24日午後5時まで3日を残して合意。地元ニューヨークで報道陣に対応したヤンキース・キャッシュマンGMは「優勝のためなら金額は問題ではない」とし、「(田中を)07年から見続け、09年のWBCを見てメジャーでの活躍を確信した。この冬に求めていた補強が実現した」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  4. 4

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  7. 7

    予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る