• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君にヤンキース入りを決意させた18歳の「原体験」

 全米で注目を集めた日本人右腕の移籍先がようやく決まった。ヤンキースは22日(日本時間23日未明)、楽天からポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた田中将大(25)と7年契約を結んだと発表。ヤンキースの公式サイトによると、総額1億5500万ドル(約161億円)で、年俸は6年目までが2200万ドル(約23億円)、7年目が2300万ドル(約24億円)。契約には田中が希望すれば4年目終了時にFAになる条項が盛り込まれた。7年総額1億5500万ドルは投手史上5番目の大型契約になる。

 交渉期限である24日午後5時まで3日を残して合意。地元ニューヨークで報道陣に対応したヤンキース・キャッシュマンGMは「優勝のためなら金額は問題ではない」とし、「(田中を)07年から見続け、09年のWBCを見てメジャーでの活躍を確信した。この冬に求めていた補強が実現した」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る