日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君にヤンキース入りを決意させた18歳の「原体験」

 全米で注目を集めた日本人右腕の移籍先がようやく決まった。ヤンキースは22日(日本時間23日未明)、楽天からポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた田中将大(25)と7年契約を結んだと発表。ヤンキースの公式サイトによると、総額1億5500万ドル(約161億円)で、年俸は6年目までが2200万ドル(約23億円)、7年目が2300万ドル(約24億円)。契約には田中が希望すれば4年目終了時にFAになる条項が盛り込まれた。7年総額1億5500万ドルは投手史上5番目の大型契約になる。

 交渉期限である24日午後5時まで3日を残して合意。地元ニューヨークで報道陣に対応したヤンキース・キャッシュマンGMは「優勝のためなら金額は問題ではない」とし、「(田中を)07年から見続け、09年のWBCを見てメジャーでの活躍を確信した。この冬に求めていた補強が実現した」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事