JGTO海老沢会長が描く「男子ゴルフツアー復権」の青写真

公開日: 更新日:

■リオ五輪に向けてレベルアップ目指す

――世界ランク上位の日本人選手が少なく、いまだ“個人商店主的”な感覚のプロが多いようですが……。

「2年後のリオ五輪では国別対抗ですから、せっかくの機会なので、日本人選手のレベルアップを図っていかないといけません。そのためには個人任せではなく、JGTOが率先して選手育成に取り組んでいく必要があります。昨年からオフに宮崎で主だった選手を集めて合宿を行い、今年で2年目になります。当初、選手会は反対していましたが、いまは選手会長はじめ、幹部が中心になって取り組んでいます。時間はかかりますけど、何もやらないで反対していても意味がありませんし、お互いが足の引っ張り合いみたいなことをやっていても仕方ありません」

▽海老沢会長は昭和38年からゴルフを始め、NHK政治部長時代にはベストスコア74(パー73)をマークしている。男子ツアー改革でも、ゴルフの腕前並みに、その辣腕を振るってもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る