グリーンをパットで…松山英樹が払わされるマナー違反の“代償”

公開日: 更新日:

 松山英樹(22)のマナー違反が、米ツアーで問題になっている。34位に終わったWGCキャデラック選手権2日目。13番パー3でショートパットを外した松山がイライラを爆発させるようにパターヘッドをグリーンにたたきつけた。

 その様子を、後続組のI・ポールターが目撃。ツイッターで「マツヤマはIdiot(バカだ)」と呟いて騒動になった。プレスルームでは、松山がヘッドをグリーンにたたきつける映像が何度も映し出されたという。

 松山は翌3日目、ポールターをはじめ後続組のC・シュワーツェル、J・ダフナーに謝罪。ポールターも「彼はいいヤツで、もう謝る必要はない」と表向きは一件落着となった。

 が、今回の事件は尾を引きそうだと米ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏が言う。

「米ツアーで戦うプロにとって、グリーンは神聖な場所であって、そこを傷つける行為を最も嫌います。ポールターのツイッターで松山のダーティーなイメージが広まってしまったわけで、この代償は大きい。まず、ビッグネームはおそらく一緒に練習ラウンドをしてくれなくなる。松山は、トッププロの技術をそばで見て盗むことが出来なくなるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る