グリーンをパットで…松山英樹が払わされるマナー違反の“代償”

公開日: 更新日:

 松山英樹(22)のマナー違反が、米ツアーで問題になっている。34位に終わったWGCキャデラック選手権2日目。13番パー3でショートパットを外した松山がイライラを爆発させるようにパターヘッドをグリーンにたたきつけた。

 その様子を、後続組のI・ポールターが目撃。ツイッターで「マツヤマはIdiot(バカだ)」と呟いて騒動になった。プレスルームでは、松山がヘッドをグリーンにたたきつける映像が何度も映し出されたという。

 松山は翌3日目、ポールターをはじめ後続組のC・シュワーツェル、J・ダフナーに謝罪。ポールターも「彼はいいヤツで、もう謝る必要はない」と表向きは一件落着となった。

 が、今回の事件は尾を引きそうだと米ゴルフ事情に詳しいゴルフライターの吉川英三郎氏が言う。

「米ツアーで戦うプロにとって、グリーンは神聖な場所であって、そこを傷つける行為を最も嫌います。ポールターのツイッターで松山のダーティーなイメージが広まってしまったわけで、この代償は大きい。まず、ビッグネームはおそらく一緒に練習ラウンドをしてくれなくなる。松山は、トッププロの技術をそばで見て盗むことが出来なくなるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る