日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やっぱり…ゴルフ界が気を揉む「リオ五輪コース」完成遅れ

 ゴルフ関係者が気をもんでいる。2016年リオデジャネイロ五輪から112年ぶりに競技に復活するゴルフ。その使用コースの完成が大幅に遅れそうなのだ。

 コースはリオ郊外のレセルバ・デ・マラペンディ内に建設中。当初は今年中に完成するはずだったが、来年になるのが濃厚だ。

 サッカー王国ブラジルにも既存のコースはある。リオから飛行機で1時間、バスなら6~7時間ほどかかる経済の中心サンパウロ郊外では、日本企業の駐在員が常にプレーを楽しんでいる。しかし、リオから遠い上、オリンピック会場として使えるコースも見当たらない。

「ブラジルに五輪で使うコースを造るというから心配していたが、その通りになった。事前に視察プレーをするにもまったく予定が立たない。どうせなら、20年五輪から復活させてくれればよかったのに……」と嘆くのは、日本ゴルフ協会(JGA)の関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事