物言えば唇寒し…石川遼の負け惜しみ

公開日:  更新日:

<HEIWA・PGM選手権 初日 茨城・美浦GC(6953ヤード・パー71)>

 久しぶりに国内ツアーに出場した石川遼(22)。初日はイーブンパー、36位タイ。アウト発進で4番から3連続バーディーを奪うも、その後に貯金を全部吐き出して勢いに乗れなかった。10番はピン1メートルから3パットボギー。本場米ツアー帰りにしては何ともお粗末。

「不運だったと思います。(国内ツアーでは)経験のなかったピンポジションです。傾斜に切られているのは珍しいですね。雨の影響で水がたまったからだと思います。アメリカは基本的にカップ回り1メートルくらいは平ら。(カップまで)1メートル(の距離で狙ったところからボール)1つ2つ切れるのは米ツアーにはないですね」(石川)と、設定に“イチャモン”をつけた。しかし条件は皆同じ。この日10番でボギーを叩いたのは、イーブンパーまでの43選手中、石川を含めわずか3人だけ。バーディーは7人もいたのだ。初日平均パット数は1.9167、ランク76位。要するにピン位置をどうのこうの言う前にパットが下手ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る