小技磨き、スポンサー選び…松山英樹は石川遼が“反面教師”

公開日: 更新日:

 今年度のジャパンゴルフツアーの表彰式が9日、都内のホテルで開催された。ルーキーながら史上初の賞金王に輝いた松山英樹(21)が最優秀選手賞など史上最多の9部門で受賞。500万円の賞金と抱えきれない副賞を手にして、笑顔だった。

 その一方で、どこかバツが悪そうだったのが石川遼(22)。史上最年少で賞金王になった2009年には松山同様、9部門で表彰を受けたが、今ではすっかり主役の座を同級生に奪われ、影が薄かった。7年連続の受賞となったMIP賞にしても「最も輝いていたプレーヤーに贈られる」というファン投票だ。米ツアーでシード権を逃し、プレーオフでどうにか来季出場権を手にした石川が受賞すること自体、「いかがなものか」という声が会場のあちこちから聞こえた。ちなみにMIP賞は得票数もダレがどれくらい投票したのかも明らかにされない。組織票をどっと集めたともウワサされ、もらった本人が一番恥ずかしかったかもしれない。あらためて、この1年間の2人の明暗がハッキリした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

もっと見る