• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小技磨き、スポンサー選び…松山英樹は石川遼が“反面教師”

 今年度のジャパンゴルフツアーの表彰式が9日、都内のホテルで開催された。ルーキーながら史上初の賞金王に輝いた松山英樹(21)が最優秀選手賞など史上最多の9部門で受賞。500万円の賞金と抱えきれない副賞を手にして、笑顔だった。

 その一方で、どこかバツが悪そうだったのが石川遼(22)。史上最年少で賞金王になった2009年には松山同様、9部門で表彰を受けたが、今ではすっかり主役の座を同級生に奪われ、影が薄かった。7年連続の受賞となったMIP賞にしても「最も輝いていたプレーヤーに贈られる」というファン投票だ。米ツアーでシード権を逃し、プレーオフでどうにか来季出場権を手にした石川が受賞すること自体、「いかがなものか」という声が会場のあちこちから聞こえた。ちなみにMIP賞は得票数もダレがどれくらい投票したのかも明らかにされない。組織票をどっと集めたともウワサされ、もらった本人が一番恥ずかしかったかもしれない。あらためて、この1年間の2人の明暗がハッキリした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る