代行監督で勝利も…原監督のインフル感染が“気まずい”理由

公開日:  更新日:

「マジっすか?」と、巨人ナインがずっこけた。

 15日、原辰徳監督(56)がインフルエンザに感染したと球団が発表したからである。14日夜に発熱などの症状を訴え、この日の朝に都内の病院で診察を受けた結果、インフルエンザ(B型)と診断された。当面は自宅で静養する。

 原沢GMは「一般的に考えると、次の(17日から)甲子園3連戦の指揮を執るのは難しい。前橋での広島戦(21日)から戻ってもらえたら」と説明。それまでは、こちらもインフルエンザから復帰したばかりの川相昌弘ヘッドコーチ(50)が監督代行を務める。原監督は球団を通じ、「チームに迷惑をかけますが、しっかりとインフルエンザを治し、万全の体調でチームに戻りたいと思います」とコメントした。

 前代未聞の珍事である。この日、対戦したDeNAの中畑監督も、就任1年目の12年春季キャンプ中にインフルエンザに感染した。しかし、シーズン中の指揮官の離脱は極めて異例。予防接種は受けていたようだが、選手にプロとしての体調管理を厳しく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る