代行監督で勝利も…原監督のインフル感染が“気まずい”理由

公開日:  更新日:

「マジっすか?」と、巨人ナインがずっこけた。

 15日、原辰徳監督(56)がインフルエンザに感染したと球団が発表したからである。14日夜に発熱などの症状を訴え、この日の朝に都内の病院で診察を受けた結果、インフルエンザ(B型)と診断された。当面は自宅で静養する。

 原沢GMは「一般的に考えると、次の(17日から)甲子園3連戦の指揮を執るのは難しい。前橋での広島戦(21日)から戻ってもらえたら」と説明。それまでは、こちらもインフルエンザから復帰したばかりの川相昌弘ヘッドコーチ(50)が監督代行を務める。原監督は球団を通じ、「チームに迷惑をかけますが、しっかりとインフルエンザを治し、万全の体調でチームに戻りたいと思います」とコメントした。

 前代未聞の珍事である。この日、対戦したDeNAの中畑監督も、就任1年目の12年春季キャンプ中にインフルエンザに感染した。しかし、シーズン中の指揮官の離脱は極めて異例。予防接種は受けていたようだが、選手にプロとしての体調管理を厳しく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る