• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

代行監督で勝利も…原監督のインフル感染が“気まずい”理由

「マジっすか?」と、巨人ナインがずっこけた。

 15日、原辰徳監督(56)がインフルエンザに感染したと球団が発表したからである。14日夜に発熱などの症状を訴え、この日の朝に都内の病院で診察を受けた結果、インフルエンザ(B型)と診断された。当面は自宅で静養する。

 原沢GMは「一般的に考えると、次の(17日から)甲子園3連戦の指揮を執るのは難しい。前橋での広島戦(21日)から戻ってもらえたら」と説明。それまでは、こちらもインフルエンザから復帰したばかりの川相昌弘ヘッドコーチ(50)が監督代行を務める。原監督は球団を通じ、「チームに迷惑をかけますが、しっかりとインフルエンザを治し、万全の体調でチームに戻りたいと思います」とコメントした。

 前代未聞の珍事である。この日、対戦したDeNAの中畑監督も、就任1年目の12年春季キャンプ中にインフルエンザに感染した。しかし、シーズン中の指揮官の離脱は極めて異例。予防接種は受けていたようだが、選手にプロとしての体調管理を厳しく説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る