原監督の阿部捕手起用に巨人OB苦言 「小林が死んでしまう」

公開日:  更新日:

「付け焼き刃的な起用と言わざるを得ません。原監督は今季、2年目の小林を正捕手として育てると言って、ベテランの相川はそのサポート役としてスタートした。それがたった7試合目で阿部が捕手に戻った。これでは監督の言葉の重みはなくなってしまいます」

 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。 阿部慎之助(36)が捕手に復帰して3試合で2勝1敗。原監督は「安心感がある」も目を細め、スポーツ紙も「緊急事態だから」となぜか擁護しているのだが、とんでもない話だ。そもそも、相川は2番手捕手としてFAで獲得した選手。指揮官は、「(阿部の一塁コンバートは)相当な覚悟で決めた。捕手復帰は99%ない」と言って、2年目の小林を正捕手に育てると宣言していた。

 実際、開幕6試合のスタメンマスクは小林が4試合、相川が2試合。最初から2番手捕手だった相川の離脱が「1%」に値するほどの緊急事態なのか。指揮官は開幕前、「小林が悪いんじゃなく、我々が悪いという気持ちで教育する」と系列紙のインタビューで語っていたにもかかわらず、早々と失格の烙印を押したのだから、OBもクビをかしげざるを得ない。高橋氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る