巨人狙うフランシスコ メジャーの評価はパワーだけの三振王

公開日:  更新日:

 本当に救世主になれるのだろうか。10日、一部スポーツ紙が報じた巨人の新外国人取りのことである。

 10日現在、チーム打率.224という貧打が続く巨人は打線のテコ入れとして、前レイズでメジャー通算48本塁打のフアン・フランシスコ内野手(27=右投げ左打ち)をリストアップ。すでに交渉は大詰めで、身体検査などをパスすれば近日中にも正式合意するとみられる。

 フランシスコは昨季ブルージェイズで106試合に出場し、打率.220、16本塁打、43打点をマークした現役バリバリの大リーガー。ところが、米球界ではすこぶる評判が悪い。

 メジャーの各選手の評価をデータ化している米人気野球サイト「ベースボールキューブ」の昨年のスカウティングリポートによれば、フランシスコの「パワー」こそ、100点満点中92点も、それ以外のスピード(40点)、ミート力(22点)、選球眼(20点)はいずれも落第点ばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る