巨人狙うフランシスコ メジャーの評価はパワーだけの三振王

公開日:  更新日:

 本当に救世主になれるのだろうか。10日、一部スポーツ紙が報じた巨人の新外国人取りのことである。

 10日現在、チーム打率.224という貧打が続く巨人は打線のテコ入れとして、前レイズでメジャー通算48本塁打のフアン・フランシスコ内野手(27=右投げ左打ち)をリストアップ。すでに交渉は大詰めで、身体検査などをパスすれば近日中にも正式合意するとみられる。

 フランシスコは昨季ブルージェイズで106試合に出場し、打率.220、16本塁打、43打点をマークした現役バリバリの大リーガー。ところが、米球界ではすこぶる評判が悪い。

 メジャーの各選手の評価をデータ化している米人気野球サイト「ベースボールキューブ」の昨年のスカウティングリポートによれば、フランシスコの「パワー」こそ、100点満点中92点も、それ以外のスピード(40点)、ミート力(22点)、選球眼(20点)はいずれも落第点ばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る