貧打の巨人打線によぎる「飛ばないボールでV逸」の悪夢

公開日:  更新日:

 巨人が12日、ヤクルト投手陣からもらった2連続を含む3つの押し出し四球で逆転勝ちした。5球団との対戦を一通り終え、7勝8敗の4位。原監督は「打てば勝機はあるということ。ふた回り目でこっちも対策を考えながら、選手たちも形で出してくれると思う」と話した。

 スタートダッシュ失敗の原因は昨季から続く「貧打」。チーム打率.229はリーグワースト2位。50得点は3位だが、失点が53と上回っているのだから借金生活も当然だ。最大の「誤算」は狭い東京ドームを本拠地にするあの巨人が、ホームランを打てないことである。これまで亀井と片岡で放った計5本のみ。阿部、坂本、長野、村田らの中軸が揃ってゼロなのは明らかな異変だ。この日の試合前、巨人の某選手がこう言った。

「ひと回りして分かったこと? またボールの仕様が変わったのではないか? ということ。去年より明らかにボールが飛びませんよ。ホームランだ! と思った打球がフェンス手前で急失速することが何度もあった。ここ2年は飛んだけど、統一球が導入された頃(11、12年)に近い打感かもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る