• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13残塁の拙攻…巨人はキャンプの「速球打ち特訓」がアダに

 巨人が1日で借金生活に逆戻りした。

 8日の広島戦で、相手の5安打を大きく上回る11安打を放ちながら2得点。マイコラスと村田が送りバントを失敗するなど、前日の11残塁に続き、この日も13残塁の拙攻で競り負けた。原監督は「1本が出ていれば。1本だけだね。タイムリーがね。バント失敗? 何とかスコアリングポジションへと考えたけど」とむっつり。チーム打率は.234に上がってきたとはいえ、まだまだ低空飛行。その上、指揮官が掲げる「1点を取る野球」も実践できない。パワープレーがウリなのに、今季の本塁打数はこの日打った片岡が2本、亀井が3本の計5本。阿部、坂本といった中軸がゼロでは得点力は半減する。昨季泣いた貧打が今季も継続している理由は何か。

 原監督により、昨年の秋季練習から春のキャンプでも強制的に行った「体感160キロ超高速マシン打撃練習」をナインは口々に指摘する。ある主力選手はキャンプ中、「打撃フォームを固めたい時期なのに、あんな速い球だと当てにいっちゃう。スイングが乱れるし、フォームも固まらないよ」と周囲に漏らしていた。故障防止の名目で用意された金属バットも不評を買い、「高校野球じゃあるまいし抵抗ある。それに木製と打ち方も違う」と気恥ずかしさや弊害を感じながら「でも痛いから」と各選手は「禁断の金属バット」に次々と手を染めていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る