13残塁の拙攻…巨人はキャンプの「速球打ち特訓」がアダに

公開日: 更新日:

 巨人が1日で借金生活に逆戻りした。

 8日の広島戦で、相手の5安打を大きく上回る11安打を放ちながら2得点。マイコラスと村田が送りバントを失敗するなど、前日の11残塁に続き、この日も13残塁の拙攻で競り負けた。原監督は「1本が出ていれば。1本だけだね。タイムリーがね。バント失敗? 何とかスコアリングポジションへと考えたけど」とむっつり。チーム打率は.234に上がってきたとはいえ、まだまだ低空飛行。その上、指揮官が掲げる「1点を取る野球」も実践できない。パワープレーがウリなのに、今季の本塁打数はこの日打った片岡が2本、亀井が3本の計5本。阿部、坂本といった中軸がゼロでは得点力は半減する。昨季泣いた貧打が今季も継続している理由は何か。

 原監督により、昨年の秋季練習から春のキャンプでも強制的に行った「体感160キロ超高速マシン打撃練習」をナインは口々に指摘する。ある主力選手はキャンプ中、「打撃フォームを固めたい時期なのに、あんな速い球だと当てにいっちゃう。スイングが乱れるし、フォームも固まらないよ」と周囲に漏らしていた。故障防止の名目で用意された金属バットも不評を買い、「高校野球じゃあるまいし抵抗ある。それに木製と打ち方も違う」と気恥ずかしさや弊害を感じながら「でも痛いから」と各選手は「禁断の金属バット」に次々と手を染めていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット