13残塁の拙攻…巨人はキャンプの「速球打ち特訓」がアダに

公開日: 更新日:

 巨人が1日で借金生活に逆戻りした。

 8日の広島戦で、相手の5安打を大きく上回る11安打を放ちながら2得点。マイコラスと村田が送りバントを失敗するなど、前日の11残塁に続き、この日も13残塁の拙攻で競り負けた。原監督は「1本が出ていれば。1本だけだね。タイムリーがね。バント失敗? 何とかスコアリングポジションへと考えたけど」とむっつり。チーム打率は.234に上がってきたとはいえ、まだまだ低空飛行。その上、指揮官が掲げる「1点を取る野球」も実践できない。パワープレーがウリなのに、今季の本塁打数はこの日打った片岡が2本、亀井が3本の計5本。阿部、坂本といった中軸がゼロでは得点力は半減する。昨季泣いた貧打が今季も継続している理由は何か。

 原監督により、昨年の秋季練習から春のキャンプでも強制的に行った「体感160キロ超高速マシン打撃練習」をナインは口々に指摘する。ある主力選手はキャンプ中、「打撃フォームを固めたい時期なのに、あんな速い球だと当てにいっちゃう。スイングが乱れるし、フォームも固まらないよ」と周囲に漏らしていた。故障防止の名目で用意された金属バットも不評を買い、「高校野球じゃあるまいし抵抗ある。それに木製と打ち方も違う」と気恥ずかしさや弊害を感じながら「でも痛いから」と各選手は「禁断の金属バット」に次々と手を染めていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る