目下打撃2冠のロペス 巨人から漏れてくる「今年いたら」の声

公開日: 更新日:

「そんなことだったらクビにしなければよかったのに」「今年もいたら、押しも押されもせぬ4番でしょ」「そしたらオレたち野手がこんな肩身の狭い思いをしなくて済んだのにな」「相乗効果で、みんなもっと打ってますよ」

 開幕15試合を終えて7勝8敗の4位Bクラス発進となった巨人。リーグ5位のチーム打率.229でチーム内外から批判の矛先を向けられる野手陣は今、寄ると触るとこんなグチをこぼしあっているという。口を揃えるのは、「ホセがいたらなあ」である。

 昨季終了後に巨人をクビになったDeNAのホセ・ロペス(31)が、開幕から当たりに当たっている。13日現在の成績は6本塁打、13打点でリーグの2冠に立てば、打率も.361で同4位。首位に立つDeNAを牽引している。

「ロペスは来日2年目の昨年、打率.243、22本塁打、57打点。1年目に.303だった打率こそ数字を落としたが、本塁打と打点は前年を上回った。球団内でも契約を更新するか、しないかで意見が分かれたそうですが、最終的には2年連続で.259だった得点圏打率の低さが問題になった。原監督の中では阿部慎之助の一塁コンバートも決まっていたし、そうなると年俸1億7000万円のロペスは代打要員になる。自由契約は仕方がなかった面もあります」(巨人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る