• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

目下打撃2冠のロペス 巨人から漏れてくる「今年いたら」の声

「そんなことだったらクビにしなければよかったのに」「今年もいたら、押しも押されもせぬ4番でしょ」「そしたらオレたち野手がこんな肩身の狭い思いをしなくて済んだのにな」「相乗効果で、みんなもっと打ってますよ」

 開幕15試合を終えて7勝8敗の4位Bクラス発進となった巨人。リーグ5位のチーム打率.229でチーム内外から批判の矛先を向けられる野手陣は今、寄ると触るとこんなグチをこぼしあっているという。口を揃えるのは、「ホセがいたらなあ」である。

 昨季終了後に巨人をクビになったDeNAのホセ・ロペス(31)が、開幕から当たりに当たっている。13日現在の成績は6本塁打、13打点でリーグの2冠に立てば、打率も.361で同4位。首位に立つDeNAを牽引している。

「ロペスは来日2年目の昨年、打率.243、22本塁打、57打点。1年目に.303だった打率こそ数字を落としたが、本塁打と打点は前年を上回った。球団内でも契約を更新するか、しないかで意見が分かれたそうですが、最終的には2年連続で.259だった得点圏打率の低さが問題になった。原監督の中では阿部慎之助の一塁コンバートも決まっていたし、そうなると年俸1億7000万円のロペスは代打要員になる。自由契約は仕方がなかった面もあります」(巨人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る