目下打撃2冠のロペス 巨人から漏れてくる「今年いたら」の声

公開日:  更新日:

「そんなことだったらクビにしなければよかったのに」「今年もいたら、押しも押されもせぬ4番でしょ」「そしたらオレたち野手がこんな肩身の狭い思いをしなくて済んだのにな」「相乗効果で、みんなもっと打ってますよ」

 開幕15試合を終えて7勝8敗の4位Bクラス発進となった巨人。リーグ5位のチーム打率.229でチーム内外から批判の矛先を向けられる野手陣は今、寄ると触るとこんなグチをこぼしあっているという。口を揃えるのは、「ホセがいたらなあ」である。

 昨季終了後に巨人をクビになったDeNAのホセ・ロペス(31)が、開幕から当たりに当たっている。13日現在の成績は6本塁打、13打点でリーグの2冠に立てば、打率も.361で同4位。首位に立つDeNAを牽引している。

「ロペスは来日2年目の昨年、打率.243、22本塁打、57打点。1年目に.303だった打率こそ数字を落としたが、本塁打と打点は前年を上回った。球団内でも契約を更新するか、しないかで意見が分かれたそうですが、最終的には2年連続で.259だった得点圏打率の低さが問題になった。原監督の中では阿部慎之助の一塁コンバートも決まっていたし、そうなると年俸1億7000万円のロペスは代打要員になる。自由契約は仕方がなかった面もあります」(巨人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る