ソフトB今宮が1号ソロで貢献も 「信頼回復」へ待ったなし

公開日:  更新日:

「つなぎの男」がチームを勝利に導いた。

 19日のロッテ戦、ソフトバンクの今宮健太(23)が1点リードの七回に1号ソロ。腕を畳んで内角の直球を引っ張ると、打球は左翼スタンドへ飛び込んだ。結果としてこの1点がものをいってソフトバンクは逃げ切り、2カード連続勝ち越しを決めた。

 ヒーローインタビューでは「たまたまです。もっともっと打てるように、試合に勝てるように頑張ります」と笑顔を見せた今宮。しかし、たった1本のホームランでチャラにできるほど、失った信頼は小さくない。

 堅実な遊撃守備と小技で不動の遊撃手だったのは昨季まで。今季はここまで打率.153、1打点。出塁率はたったの.167だ。18日は1イニング7失点のきっかけとなる失策を犯し、チームの敗因をつくった。8日には13年以来となる2年ぶりのスタメン落ちも経験。肝心の守備も不安定とあって、首脳陣も苦い顔をすることしきりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る