ソフトB今宮が1号ソロで貢献も 「信頼回復」へ待ったなし

公開日: 更新日:

「つなぎの男」がチームを勝利に導いた。

 19日のロッテ戦、ソフトバンクの今宮健太(23)が1点リードの七回に1号ソロ。腕を畳んで内角の直球を引っ張ると、打球は左翼スタンドへ飛び込んだ。結果としてこの1点がものをいってソフトバンクは逃げ切り、2カード連続勝ち越しを決めた。

 ヒーローインタビューでは「たまたまです。もっともっと打てるように、試合に勝てるように頑張ります」と笑顔を見せた今宮。しかし、たった1本のホームランでチャラにできるほど、失った信頼は小さくない。

 堅実な遊撃守備と小技で不動の遊撃手だったのは昨季まで。今季はここまで打率.153、1打点。出塁率はたったの.167だ。18日は1イニング7失点のきっかけとなる失策を犯し、チームの敗因をつくった。8日には13年以来となる2年ぶりのスタメン落ちも経験。肝心の守備も不安定とあって、首脳陣も苦い顔をすることしきりなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る