ソフトB今宮が1号ソロで貢献も 「信頼回復」へ待ったなし

公開日: 更新日:

「つなぎの男」がチームを勝利に導いた。

 19日のロッテ戦、ソフトバンクの今宮健太(23)が1点リードの七回に1号ソロ。腕を畳んで内角の直球を引っ張ると、打球は左翼スタンドへ飛び込んだ。結果としてこの1点がものをいってソフトバンクは逃げ切り、2カード連続勝ち越しを決めた。

 ヒーローインタビューでは「たまたまです。もっともっと打てるように、試合に勝てるように頑張ります」と笑顔を見せた今宮。しかし、たった1本のホームランでチャラにできるほど、失った信頼は小さくない。

 堅実な遊撃守備と小技で不動の遊撃手だったのは昨季まで。今季はここまで打率.153、1打点。出塁率はたったの.167だ。18日は1イニング7失点のきっかけとなる失策を犯し、チームの敗因をつくった。8日には13年以来となる2年ぶりのスタメン落ちも経験。肝心の守備も不安定とあって、首脳陣も苦い顔をすることしきりなのだ。

「まだまだ本調子じゃない」と話すのは藤井チーフ打撃コーチだ。この日は本塁打の次の打席、1死一、二塁の場面で大振りした後に見逃し三振。藤井コーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット