6試合無安打のソフトB李大浩 不振の裏に「ダイエット」あり

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの主砲・李大浩(32)が開幕から極度のスランプに陥っている。

 昨12日の日本ハム戦も「5番・一塁」でスタメン出場しながら、4打数無安打(2三振)。これで4日の西武戦から6試合連続無安打となり打率も.109に落ち込んだ。

 本人はこの体たらくについて、「タイミングの取り方が悪い。練習では出来ているのに」と嘆いているが、チーム関係者によれば「それだけじゃない。ダイエットも絡んでいる」という。

 李は今春の自主トレで140キロ近くあった体重を絞り、約10キロのダイエットに成功。2月の春季キャンプ(宮崎)ではその「激痩せぶり」が報道陣や球団関係者の話題になり、「まるで別人」とまで囁かれていた。

 ところが、急激に減った体重によって体のバランスや打撃の感覚に狂いが生じ始めたようで、オープン戦も打率.211、2本塁打に終わっていた。

 本人にとっては良かれと思って始めたダイエットも、今となっては大誤算。胸の内では「やらなきゃよかった」と思っているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る