6試合無安打のソフトB李大浩 不振の裏に「ダイエット」あり

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの主砲・李大浩(32)が開幕から極度のスランプに陥っている。

 昨12日の日本ハム戦も「5番・一塁」でスタメン出場しながら、4打数無安打(2三振)。これで4日の西武戦から6試合連続無安打となり打率も.109に落ち込んだ。

 本人はこの体たらくについて、「タイミングの取り方が悪い。練習では出来ているのに」と嘆いているが、チーム関係者によれば「それだけじゃない。ダイエットも絡んでいる」という。

 李は今春の自主トレで140キロ近くあった体重を絞り、約10キロのダイエットに成功。2月の春季キャンプ(宮崎)ではその「激痩せぶり」が報道陣や球団関係者の話題になり、「まるで別人」とまで囁かれていた。

 ところが、急激に減った体重によって体のバランスや打撃の感覚に狂いが生じ始めたようで、オープン戦も打率.211、2本塁打に終わっていた。

 本人にとっては良かれと思って始めたダイエットも、今となっては大誤算。胸の内では「やらなきゃよかった」と思っているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る