今宮も待望 去就注目の川崎宗則を古巣ソフトBが獲得狙う

公開日: 更新日:

「無理する必要はねえんだよ!」

 ソフトバンクの秋山監督が、珍しく声を荒らげた。

 日本シリーズ初戦、三回の1死二塁の場面で、二塁走者の今宮健太(23)が痛恨の走塁ミスを犯した。投手真正面のバントにもかかわらず、無謀にも三進を強行して憤死。これで流れは阪神に傾き、ソフトバンクは初戦を落とした。

 判断の難しいケースとはいえ、今宮はCSでも送球ミスから逆転を許し、チームに黒星を招いた。パの遊撃手として、昨季から2年連続でワースト失策も記録。今宮に期待されているのは打よりも守備範囲の広さや走塁といった機動力だ。いくら成長著しい若手でも、得意分野でのポカが多いのは首脳陣も悩みどころだろう。

 そんな今宮の「生きた手本」として球団が獲得を狙っているのが、今季限りでブルージェイズとの契約が切れる川崎宗則(33)だ。11年オフにマリナーズに移籍した際はイチロー(現ヤンキース)のおっかけのように思われていたが、メジャーに対する思いは本物。球団も当時の背番号「52」を空けて復帰を待つも、望み薄といわれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る