• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今宮も待望 去就注目の川崎宗則を古巣ソフトBが獲得狙う

「無理する必要はねえんだよ!」

 ソフトバンクの秋山監督が、珍しく声を荒らげた。

 日本シリーズ初戦、三回の1死二塁の場面で、二塁走者の今宮健太(23)が痛恨の走塁ミスを犯した。投手真正面のバントにもかかわらず、無謀にも三進を強行して憤死。これで流れは阪神に傾き、ソフトバンクは初戦を落とした。

 判断の難しいケースとはいえ、今宮はCSでも送球ミスから逆転を許し、チームに黒星を招いた。パの遊撃手として、昨季から2年連続でワースト失策も記録。今宮に期待されているのは打よりも守備範囲の広さや走塁といった機動力だ。いくら成長著しい若手でも、得意分野でのポカが多いのは首脳陣も悩みどころだろう。

 そんな今宮の「生きた手本」として球団が獲得を狙っているのが、今季限りでブルージェイズとの契約が切れる川崎宗則(33)だ。11年オフにマリナーズに移籍した際はイチロー(現ヤンキース)のおっかけのように思われていたが、メジャーに対する思いは本物。球団も当時の背番号「52」を空けて復帰を待つも、望み薄といわれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る