投手陣にくすぶる不満…松坂はまるでソフトBの“時限爆弾”

公開日: 更新日:

「やっぱり左肩の開きが早いよ」「右肘が上がらない」「体重が左足に乗らない」「ボールを小手先でコントロールしようとするから制球がバラつく」――。

 10日の巨人戦に先発した松坂大輔(34=ソフトバンク)。ネット裏のスコアラーやテレビ観戦した評論家諸氏の評価は、おおむねこんな内容だった。

 初登板だった4日の阪神戦から中5日。「実戦で打者に対していくことで状態も上がっていくと思う」という本人の希望的観測とは裏腹に、3四球に3盗塁を許すなど3回を3安打2失点。前回は146キロだった最速がこの日は143キロ。要した球数は前回の57球からこの日は64球と、状態は上がるどころかむしろ悪くなった感じ。2日前に同じメジャー帰りの黒田博樹(40=広島)が打者13人をわずか39球でパーフェクトに抑えただけに、なおさら松坂の投球は間延びして見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  9. 9

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  10. 10

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

もっと見る