投手陣にくすぶる不満…松坂はまるでソフトBの“時限爆弾”

公開日:  更新日:

「やっぱり左肩の開きが早いよ」「右肘が上がらない」「体重が左足に乗らない」「ボールを小手先でコントロールしようとするから制球がバラつく」――。

 10日の巨人戦に先発した松坂大輔(34=ソフトバンク)。ネット裏のスコアラーやテレビ観戦した評論家諸氏の評価は、おおむねこんな内容だった。

 初登板だった4日の阪神戦から中5日。「実戦で打者に対していくことで状態も上がっていくと思う」という本人の希望的観測とは裏腹に、3四球に3盗塁を許すなど3回を3安打2失点。前回は146キロだった最速がこの日は143キロ。要した球数は前回の57球からこの日は64球と、状態は上がるどころかむしろ悪くなった感じ。2日前に同じメジャー帰りの黒田博樹(40=広島)が打者13人をわずか39球でパーフェクトに抑えただけに、なおさら松坂の投球は間延びして見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る