別の箇所を故障か? ソフトB松坂の「復帰未定」が呼ぶ波紋

公開日: 更新日:

 再び投げられる日が来るのか。

 2日、ソフトバンク松坂大輔(34)が工藤監督と面談。「投げた後の疲労がいつもより長い」(松坂)と、右肩疲労のため無期限のノースロー調整に入ることを明らかにした。

 しかし、気がかりなのが「疲労」という言葉だ。インフルエンザが快癒してから、松坂がブルペンに入ったのは3月29日の一度だけ。本当に疲労なのか。

 球団OBは「古傷を再び痛めたのかもしれない」と言う。松坂はレッドソックス時代の09年、球団の反対を押し切ってWBCに出場。その過程で股関節を痛めた。理由が理由だけに球団には言えず、患部をかばいながらプレーしていたら右肩、次いで右ヒジをケガ。11年に右ヒジのトミー・ジョン手術をするに至った。

「松坂はキャンプから、左足を深く踏み込むフォームに取り組んでいた。それが3月4日の甲子園でのオープン戦は、股関節をかばうように上体頼みのフォームで投げていましたからね。松坂は3年12億円でソフトバンクに入団。縁もゆかりもない球団を選んだことで『結局、カネか』という非難も出た。それは松坂も先刻承知。だからこそ、重圧をはねのけるためにもメジャーよりハードな日本のキャンプで汗を流してきた。再び古傷を痛め、かばっているうちに肩まで故障したとしてもおかしくはない」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット