別の箇所を故障か? ソフトB松坂の「復帰未定」が呼ぶ波紋

公開日: 更新日:

 再び投げられる日が来るのか。

 2日、ソフトバンク松坂大輔(34)が工藤監督と面談。「投げた後の疲労がいつもより長い」(松坂)と、右肩疲労のため無期限のノースロー調整に入ることを明らかにした。

 しかし、気がかりなのが「疲労」という言葉だ。インフルエンザが快癒してから、松坂がブルペンに入ったのは3月29日の一度だけ。本当に疲労なのか。

 球団OBは「古傷を再び痛めたのかもしれない」と言う。松坂はレッドソックス時代の09年、球団の反対を押し切ってWBCに出場。その過程で股関節を痛めた。理由が理由だけに球団には言えず、患部をかばいながらプレーしていたら右肩、次いで右ヒジをケガ。11年に右ヒジのトミー・ジョン手術をするに至った。

「松坂はキャンプから、左足を深く踏み込むフォームに取り組んでいた。それが3月4日の甲子園でのオープン戦は、股関節をかばうように上体頼みのフォームで投げていましたからね。松坂は3年12億円でソフトバンクに入団。縁もゆかりもない球団を選んだことで『結局、カネか』という非難も出た。それは松坂も先刻承知。だからこそ、重圧をはねのけるためにもメジャーよりハードな日本のキャンプで汗を流してきた。再び古傷を痛め、かばっているうちに肩まで故障したとしてもおかしくはない」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る