別の箇所を故障か? ソフトB松坂の「復帰未定」が呼ぶ波紋

公開日: 更新日:

 再び投げられる日が来るのか。

 2日、ソフトバンク松坂大輔(34)が工藤監督と面談。「投げた後の疲労がいつもより長い」(松坂)と、右肩疲労のため無期限のノースロー調整に入ることを明らかにした。

 しかし、気がかりなのが「疲労」という言葉だ。インフルエンザが快癒してから、松坂がブルペンに入ったのは3月29日の一度だけ。本当に疲労なのか。

 球団OBは「古傷を再び痛めたのかもしれない」と言う。松坂はレッドソックス時代の09年、球団の反対を押し切ってWBCに出場。その過程で股関節を痛めた。理由が理由だけに球団には言えず、患部をかばいながらプレーしていたら右肩、次いで右ヒジをケガ。11年に右ヒジのトミー・ジョン手術をするに至った。

「松坂はキャンプから、左足を深く踏み込むフォームに取り組んでいた。それが3月4日の甲子園でのオープン戦は、股関節をかばうように上体頼みのフォームで投げていましたからね。松坂は3年12億円でソフトバンクに入団。縁もゆかりもない球団を選んだことで『結局、カネか』という非難も出た。それは松坂も先刻承知。だからこそ、重圧をはねのけるためにもメジャーよりハードな日本のキャンプで汗を流してきた。再び古傷を痛め、かばっているうちに肩まで故障したとしてもおかしくはない」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る