別の箇所を故障か? ソフトB松坂の「復帰未定」が呼ぶ波紋

公開日:  更新日:

 再び投げられる日が来るのか。

 2日、ソフトバンクの松坂大輔(34)が工藤監督と面談。「投げた後の疲労がいつもより長い」(松坂)と、右肩疲労のため無期限のノースロー調整に入ることを明らかにした。

 しかし、気がかりなのが「疲労」という言葉だ。インフルエンザが快癒してから、松坂がブルペンに入ったのは3月29日の一度だけ。本当に疲労なのか。

 球団OBは「古傷を再び痛めたのかもしれない」と言う。松坂はレッドソックス時代の09年、球団の反対を押し切ってWBCに出場。その過程で股関節を痛めた。理由が理由だけに球団には言えず、患部をかばいながらプレーしていたら右肩、次いで右ヒジをケガ。11年に右ヒジのトミー・ジョン手術をするに至った。

「松坂はキャンプから、左足を深く踏み込むフォームに取り組んでいた。それが3月4日の甲子園でのオープン戦は、股関節をかばうように上体頼みのフォームで投げていましたからね。松坂は3年12億円でソフトバンクに入団。縁もゆかりもない球団を選んだことで『結局、カネか』という非難も出た。それは松坂も先刻承知。だからこそ、重圧をはねのけるためにもメジャーよりハードな日本のキャンプで汗を流してきた。再び古傷を痛め、かばっているうちに肩まで故障したとしてもおかしくはない」(球団OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る