前監督とは対照的 ソフトB工藤監督は表情コロコロ“百面相”

公開日:  更新日:

 敗戦の瞬間、ソフトバンクの工藤新監督(51)は両手を帽子の上で組むと、頭を抱えるようにして天を仰いだ。悔しさに顔を歪め、気を取り直すように笑みを浮かべて選手を迎えたが、試合中からその表情はコロコロ変わった。

「監督というのはヤセ我慢も仕事のうち。実際にグラウンドでプレーするのは選手。試合が始まれば選手を信じ、託すしかない。人間のやることだからミスも出る。それに監督が一喜一憂していたら、選手は浮足立ってしまう。無表情過ぎるところはあるが、中日時代の落合監督は常に泰然自若としていた。選手から見たら、どちらが安心するか。敵から見たら、どちらが不気味か。言うまでもないだろう」

 とは、権藤元横浜監督の持論だが、ポーカーフェースと言えば、ソフトバンクの秋山前監督の専売特許。そんな秋山監督を権藤氏は、「選手を主役にし、自分は黒子に徹した。試合中、ミスが出ようが何があろうが、顔色ひとつ変えずに淡々と試合を見守ったあの姿勢が、豊富な戦力が揃うチームをまとめたのは間違いない」と評価していた。

 1-3でロッテとの開幕戦を落としたソフトバンク。前監督とは対照的な新監督が今年一年、どうチームをまとめていくか、見ものではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る