前監督とは対照的 ソフトB工藤監督は表情コロコロ“百面相”

公開日: 更新日:

 敗戦の瞬間、ソフトバンクの工藤新監督(51)は両手を帽子の上で組むと、頭を抱えるようにして天を仰いだ。悔しさに顔を歪め、気を取り直すように笑みを浮かべて選手を迎えたが、試合中からその表情はコロコロ変わった。

「監督というのはヤセ我慢も仕事のうち。実際にグラウンドでプレーするのは選手。試合が始まれば選手を信じ、託すしかない。人間のやることだからミスも出る。それに監督が一喜一憂していたら、選手は浮足立ってしまう。無表情過ぎるところはあるが、中日時代の落合監督は常に泰然自若としていた。選手から見たら、どちらが安心するか。敵から見たら、どちらが不気味か。言うまでもないだろう」

 とは、権藤元横浜監督の持論だが、ポーカーフェースと言えば、ソフトバンクの秋山前監督の専売特許。そんな秋山監督を権藤氏は、「選手を主役にし、自分は黒子に徹した。試合中、ミスが出ようが何があろうが、顔色ひとつ変えずに淡々と試合を見守ったあの姿勢が、豊富な戦力が揃うチームをまとめたのは間違いない」と評価していた。

 1-3でロッテとの開幕戦を落としたソフトバンク。前監督とは対照的な新監督が今年一年、どうチームをまとめていくか、見ものではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る