前監督とは対照的 ソフトB工藤監督は表情コロコロ“百面相”

公開日: 更新日:

 敗戦の瞬間、ソフトバンクの工藤新監督(51)は両手を帽子の上で組むと、頭を抱えるようにして天を仰いだ。悔しさに顔を歪め、気を取り直すように笑みを浮かべて選手を迎えたが、試合中からその表情はコロコロ変わった。

「監督というのはヤセ我慢も仕事のうち。実際にグラウンドでプレーするのは選手。試合が始まれば選手を信じ、託すしかない。人間のやることだからミスも出る。それに監督が一喜一憂していたら、選手は浮足立ってしまう。無表情過ぎるところはあるが、中日時代の落合監督は常に泰然自若としていた。選手から見たら、どちらが安心するか。敵から見たら、どちらが不気味か。言うまでもないだろう」

 とは、権藤元横浜監督の持論だが、ポーカーフェースと言えば、ソフトバンクの秋山前監督の専売特許。そんな秋山監督を権藤氏は、「選手を主役にし、自分は黒子に徹した。試合中、ミスが出ようが何があろうが、顔色ひとつ変えずに淡々と試合を見守ったあの姿勢が、豊富な戦力が揃うチームをまとめたのは間違いない」と評価していた。

 1-3でロッテとの開幕戦を落としたソフトバンク。前監督とは対照的な新監督が今年一年、どうチームをまとめていくか、見ものではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る