イチロー全体練習間近も…開幕まで実戦感覚つかめるのか

公開日: 更新日:

 ベテラン外野手が一歩前進である。

 2月21日の守備練習中に同僚選手と接触して右膝と腰を痛めて別メニュー調整が続くマーリンズ・イチロー(43)。1日(日本時間2日)は前日までと同様に室内打撃、キャッチボールで汗を流した。あすにも全体練習に復帰し、早ければ5日(同6日)のアストロズ戦にオープン戦初出場する。この日の試合前にドン・マッティングリー監督が明らかにした。

 オープン戦とはいえ、メジャー最年長野手のイチローは悠長に構えていられない。マーリンズは左翼イエリッチ、右翼スタントンと2人の主力外野手が7日開幕のWBCに米国代表として出場。この間、チームは2人の主力に代わり、若手外野手を実戦で起用して成長を促す方針だ。

 ベテランのイチローは首脳陣の配慮から、故障がなくてもオープン戦出場は限られる。ただでさえ出場機会が少ない上に、今季はチーム事情からオープン戦の打席数が限られ、実戦感覚がつかめないままシーズンを迎えることにもなりかねない。

 故障で出遅れたイチローは急ピッチでの調整を強いられそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る