将来の選出確実の裏で イチロー米野球殿堂へ足りないもの

公開日:

 米国野球殿堂入り選手が18日(日本時間19日)に発表される。

 MLB公式サイトによれば、今回の有力候補は通算449本塁打のジェフ・バグウェル(アストロズ)、歴代2位の通算601セーブのトレバー・ホフマン(パドレス他)ら5人。ベーブ・ルースらが選ばれた第1回の1936年以来、81年ぶりに5人選出の可能性があるという。

 米国の野球殿堂入り資格は「メジャーに10年間在籍」「引退後5年経過」の2点。有資格者の中から殿堂入りを審査するベテランズ委員会が候補者リストを作成。それに基づいて全米野球記者協会メンバーの投票によって決まる。

 メジャーでプレーした日本人選手のうち、引退後の選出が唯一、確実視されるのはマーリンズ・イチロー(43)だ。米メディアはメジャー通算3000安打、同500盗塁、2度の首位打者獲得(01、04年)、10年連続ゴールドグラブ賞受賞などの実績を高く評価。13日付の「FOXスポーツ」(電子版)など複数の米メディアが「将来の殿堂入り確実な選手」の一人に挙げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る