ファンは売却大歓迎 マ軍オーナー“史上最悪”のドケチぶり

公開日:

「ロリアは史上最悪のオーナーだ」――。

「ロリア」とは球団売却交渉を進めているマーリンズのジェフリー・ロリア・オーナー(76)のことだ。イチロー、田沢の日本人選手2人も所属する渦中のマーリンズは11日(日本時間12日)、本拠地マーリンズ・パークで恒例のファンフェスタを開催。米国のドナルド・トランプ大統領一族が経営する企業への身売り報道に、集まったファンからは歓迎する声が相次いだ。

 長らくシーズンチケットを購入し続けているというファンは、地元紙「マイアミ・ヘラルド」の取材に「チームの勝利よりビジネス優先のオーナーがいなくなるとは、ワールドシリーズ制覇に匹敵する喜び」と辛辣なコメント。多くのファンは「ロリアよりも選手の補強に金を投じてくれるだろう」と新オーナーに期待を寄せた。

 ロリア・オーナーが地元ファンから嫌われるのは当然だ。02年に球団を買収して以来、主力に育った若手の放出を繰り返してきた。選手補強にはほとんど金を使わず年俸総額は毎年のように25位以下。12年の新球場開場に合わせて珍しく大型補強を敢行したが、その年最下位に終わると主力5人を一気に放出して批判を浴びた。収入の低い球団にMLBから与えられる分配金をオーナーが懐に入れていると噂されたこともあった。

 マーリンズの売却は早ければ6月のオーナー会議で承認される見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る