右膝と腰痛めたイチロー 練習中のケガは「老い」なのか?

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチロー(43)がキャンプ序盤にいきなり故障である。

 21日(日本時間22日)の守備練習で同僚選手と交錯、右膝と腰を痛めた。外野手同士が飛球処理を確認する練習中で、両者とも互いに声を掛け合っていた中で起きた事故だった。

 これまでのイチローなら練習中に味方選手との接触など皆無に等しかった。試合でもフェンス際で捕球する際、当たり所を計算して上体を翻すなど、体へのダメージを極力、軽減してきた。09年に胃潰瘍と左ふくらはぎ痛を患った以外、大きな故障もなかった。

 イチローは今年の10月で44歳。メジャー最年長野手も寄る年波には勝てないのか。フィジカルトレーナーの平山昌弘氏がこう解説する。

「去年までのイチローのプレーを見る限り、肉体は限界に達してないと思います。むしろ反射神経が衰えてきたと考えるのが普通でしょう。人間は年とともに突発的なことへの反応速度は落ちるものです。視野が狭くなったり、動体視力も低下します。ビジョントレーニングで低下は抑えられても、40歳を過ぎれば、向上はほとんど望めない。今回、選手と交錯した際、相手が事前に視界に入っていてよけきれなかったとすれば、反射神経が衰えたと考えられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る