外野手争いから脱落 二軍発進の巨人亀井に他球団が熱視線

公開日:

 巨人の「二軍選手」が密かに注目されている。キャンプ二軍スタートが決まった亀井善行(34)のことだ。

 昨季は下半身の故障もあって66試合の出場にとどまり、打率.252。「今年は何ひとついいことがなかった」と振り返っていた。ある球団の編成担当者は「二軍スタート? やっぱりね。レギュラー候補というけど、FAで陽岱鋼も取ったし、巨人の外野手争いに割って入るのはもう苦しい。長野、陽、ギャレットで決まりでしょう。でも亀井の動向を注視している球団は少なくない。いい選手だと分かっていますから」と言う。

 09年のWBCに出場。あのイチローに絶賛された野球センスの持ち主である。WBC後の09年は134試合に出場し、打率.290、25本塁打、71打点を挙げてブレーク。が、その後は「1年間働けていない年が続いている」と本人が嘆くように毎年故障を繰り返し、レギュラーを掴めないまま13年目のシーズンを迎える。前出の編成担当者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る