「不動産で知る日本のこれから」牧野知弘著

公開日: 更新日:

 不動産は、社会の重要なインフラとして機能し、時代の動きを映す鏡の役割も果たしてきた。現代人は、戸建て住宅からマンションなどの共同住宅を志向するようになり、郊外へ広がっていた人口も都市部に収束をはじめている。

 ビジネス街には超高層ビルが林立する一方で、コワーキング施設などシェアリングの動きも見られる。人口が減少に転じ、これまでの成功の方程式が通用しなくなった今、日本の不動産の現状と、今後の展開を解説した経済テキスト。

 人気のタワーマンションの意外な盲点、老朽化マンション問題、シャッター通り商店街の再生が難しい理由、そしてこれからの世代の家の選び方など。住居の購入や不動産ビジネスを希望する人必読。

(祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る

人気キーワード