「これより良い物件はございません!」三沢ケイ著

公開日: 更新日:

 リモートワークの普及で、最近では都心から離れた神奈川県の湘南エリアと千葉県の房総半島エリアの一戸建ての価格が上昇しているという。これが今後どう続くかはわからないが、これまでは港区、中央区、千代田区の「都心3区」、それに新宿区、渋谷区、文京区を加えた「都心6区」のブランド力のある地域のマンションは値下がりしにくいというのが常識であった。本書は都心6区の一角、渋谷区広尾に事務所を構える不動産屋に勤める女性が主人公。

【あらすじ】藤堂美雪は賃貸住宅の仲介を扱う小さな不動産会社の窓口スタッフとして働いていた。ところが同棲していた同僚の恋人から突然別れを告げられ、逆上した勢いで辞表を提出。住んでいたマンションからも引っ越すことにして部屋を探し始める。当てもなく入った広尾の不動産屋だがさすがに高級住宅地、1Kでもどれも10万以上、完全に予算オーバーだ。

 そこに飛び込んできたのが「正社員募集」の張り紙。こうして美雪はこのイマディール不動産で働くことに。社長含めて社員10人だが、事業のメインはマンションのリノベーションで、土地柄、高額取引が多い。初めての営業だが、腕利きの先輩、桜木の指導のもとで美雪は、クライアントの希望を聞きながら理想の部屋を提供するこの仕事にやりがいを見つけていく。それと同時に桜木への思いも募らせるがなかなか一歩を踏み出せない。スキルアップのために受験する宅地建物取引士の試験に合格したら思い切って告白しようと決める美雪だが……。

【読みどころ】高級住宅地で低予算を希望する家族、リフォームせずに高値で売ろうとする家主など厄介な問題に立ち向かう美雪の奮闘から、現在の住宅事情が透けて見えてくる。 <石>

(宝島社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  4. 4

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  9. 9

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  10. 10

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

もっと見る

人気キーワード