元KARAク・ハラ自殺未遂騒動と韓国芸能界“性接待”蔓延の闇

公開日: 更新日:

「少女時代」やハラが在籍した「KARA」が牽引した“K―POPブーム”華やかなりし頃も、その手の話題はたびたび取り沙汰された。

「確かに、アイドル志望の女の子たちに“デビューさせてやるから”“仕事をあげるから”と事務所のスタッフに『性接待』を強要させられるという話はアチコチにあります。韓国語では、枕営業や性接待のことは『性上納(ソンサンナプ)』とも呼びます。女優のチャン・ジャヨンが09年に性上納を苦に自殺したとされたことを受け、韓国の国家人権委員会が10年に女性芸能人約300人を対象に調査した性接待に関する報告があります。それによれば、60.2%が放送関係者や有力者に性接待の提案を受けた経験があり、それを拒否した約半分(48.4%)が、キャスティングなどで不利益を受けたと報告されています」(前出の高月靖氏)

 韓国芸能界に蔓延する「性接待」の闇。ハラのリベンジポルノ騒動も、そうした乱れきった業界の体質と無関係ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  8. 8

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  9. 9

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  10. 10

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

もっと見る