韓流人気グループが続々新曲 “IZ*ONE潰し”が狙いなのか

公開日: 更新日:

 約641億ウォン(約63億円)――韓国の人気男性グループ「BTS(防弾少年団)」が所属するBigHitエンターテインメントの昨年の営業利益が、韓国芸能界で2年連続1位になったことが明らかになった。

 かつて「3大事務所」といわれたSMエンターテインメント(477億ウォン)、JYPエンターテインメント(287億ウォン)、YGエンターテインメント(94億ウォン)を大きく上回った。

 新たな勢力が台頭してきたことで、「(それぞれの事務所に所属する)韓流アイドルグループの熾烈な争いがさらに過熱しそうです」と話すのは、日韓芸能ジャーナリストの吉岡斗志氏だ。

 実際、4月は人気グループの新曲ラッシュになる。

 1日にIZ*ONE、2日にBOL4の新曲が発売された。続いて、5日にBLACKPINK(YG所属)、12日にBTS、さらにTWICE(JYP所属)も4月下旬の発売が濃厚とみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る