視聴者うんざり…7月期に韓国ドラマ“リメーク”3本のナゼ

公開日: 更新日:

 意外な感じもするが、大森南朋(47)が民放の連続ドラマで単独初主演することが27日、明らかになった。7月期の「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」(テレビ朝日系=木曜夜9時)がそれで、2011年に韓国で放送された「サイン」のリメークだ。

 韓国では最高視聴率25.5%の人気を誇り、そのうえ大森初主演という話題まであれば、前評判も高まりそうだが、ネット上では〈韓国のリメークばかり〉〈日本のオリジナルが見たい〉〈正直もういいよ〉なんてコメントも。

 それもそのはずで、7月期は「サイン」の他に、唐沢寿明(55)主演の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系=土曜夜10時)、三浦春馬(29)主演の「TWO WEEKS」(フジテレビ系=火曜夜9時)と、すでに3本の韓国ドラマのリメークが放送される予定なのだ。


「さすがに三つ巴は聞いたことがありませんね。偶然でしょうが、視聴者がうんざりする気持ちも分かる。最近では、2017年放送の『ごめん、愛してる』(TBS系)や、18年の『グッド・ドクター』(フジテレビ系)、『シグナル』(フジテレビ系)が韓国ドラマのリメークです。いずれも韓国では人気作でしたが、日本の『シグナル』は平均視聴率6%台。必ずしも日本の視聴者に受け入れられるとは限りません」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る