視聴者うんざり…7月期に韓国ドラマ“リメーク”3本のナゼ

公開日: 更新日:

 意外な感じもするが、大森南朋(47)が民放の連続ドラマで単独初主演することが27日、明らかになった。7月期の「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」(テレビ朝日系=木曜夜9時)がそれで、2011年に韓国で放送された「サイン」のリメークだ。

 韓国では最高視聴率25.5%の人気を誇り、そのうえ大森初主演という話題まであれば、前評判も高まりそうだが、ネット上では〈韓国のリメークばかり〉〈日本のオリジナルが見たい〉〈正直もういいよ〉なんてコメントも。

 それもそのはずで、7月期は「サイン」の他に、唐沢寿明(55)主演の「ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系=土曜夜10時)、三浦春馬(29)主演の「TWO WEEKS」(フジテレビ系=火曜夜9時)と、すでに3本の韓国ドラマのリメークが放送される予定なのだ。


「さすがに三つ巴は聞いたことがありませんね。偶然でしょうが、視聴者がうんざりする気持ちも分かる。最近では、2017年放送の『ごめん、愛してる』(TBS系)や、18年の『グッド・ドクター』(フジテレビ系)、『シグナル』(フジテレビ系)が韓国ドラマのリメークです。いずれも韓国では人気作でしたが、日本の『シグナル』は平均視聴率6%台。必ずしも日本の視聴者に受け入れられるとは限りません」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る