• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ひと言で好調NY株急落…投資家カール・アイカーンって何者?

NYダウが史上最高値の1万6000ドルを更新した18日(日本時間19日)、取引中に「大幅な下落が起きる可能性がある」と、警告した投資家がいる。ウォーレン・バフェットでもジョージ・ソロスでもなく、カール・アイカーン(76)だ。

 何やら聞き慣れない名前だが、これを機にダウは引けにかけて急落する展開に。発言ひとつでマーケットを動かすこの男、いったい何者なのか。

「ここ数年、物言う株主として有名になった米国人投資家です。経営を信頼して友好的に株を買い進めるバフェットとは対照的に、経営が信頼できない会社の株を敵対的に買うのが得意。現在はアップルの大株主で、なかなか株価が上がらないアップルに“自社株買いしろ”とか“M&Aをしろ”とか、“内部留保を吐き出せ”とか、しょっちゅう噛みついています。ツイッターを駆使してフォロワー投資家をあおるため、アジテーター(扇動家)の異名も取ります」(ロータス投資研究所代表・中西文行氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る