「細川」「舛添」関連銘柄でみる都知事選候補“市場の期待度”

公開日:  更新日:

 株式市場も都知事選への関心度を高めている。15日は、細川元首相の「脱原発」路線を受け、省エネルギー関連が物色された。代表格の省電舎やグリムスは、何とストップ高を記録している。

「相場が踊り場にあることもあって、都知事選は格好のテーマです。特に細川、舛添の両候補に絡む銘柄がターゲットになっています」(市場関係者)

 候補者の考え方や発言はともかく、市場は「脱原発=細川銘柄」「原発存続=舛添銘柄」と分類している。
「東京五輪や、首都の社会インフラ整備、地震対策などは、誰が都知事になっても実行しなくてはならない。だから、マーケットは原発を争点だと捉えています」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 そこで、両候補に対する“市場の期待度”といえそうな、原発関連銘柄の動きを追ってみた。脱原発が追い風となる銘柄群は、年初に比べ、例外なく2ケタの上昇率だった。一方、原発推進が株高要因となる日立や東芝、三菱重工は5~8%程度のアップ率にとどまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る