期間限定バブル相場 海外勢が狙う“この銘柄”に乗れ!

公開日:  更新日:

 日経平均は29日まで6日続伸し、1万5000円台回復も視野に入ってきた。
「この間の上げ幅は640円程度ですが、今年初の6連騰で相場のムードは好転しています。12年秋に始まった安倍バブルの再現を予想する声も出てきました」(市場関係者)

 千載一遇の大相場が到来するかもしれないのだ。松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏が言う。

「今回の株高は、国内の機関投資家が牽引しています。5月第4週の売買動向を見ると、海外勢は売り越しているのに、国内は買い越しでした。しかも信託銀行が大幅に買い越しています。信託経由で大量に注文を出す機関投資家が存在するということです」

 信託経由で株を買うのは、年金基金(GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人)や日本郵政のかんぽ生命、日銀など。「政府のPKO(株価維持策)が発動した可能性が高い」(証券アナリスト)ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る