期間限定バブル相場 海外勢が狙う“この銘柄”に乗れ!

公開日:  更新日:

 日経平均は29日まで6日続伸し、1万5000円台回復も視野に入ってきた。
「この間の上げ幅は640円程度ですが、今年初の6連騰で相場のムードは好転しています。12年秋に始まった安倍バブルの再現を予想する声も出てきました」(市場関係者)

 千載一遇の大相場が到来するかもしれないのだ。松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏が言う。

「今回の株高は、国内の機関投資家が牽引しています。5月第4週の売買動向を見ると、海外勢は売り越しているのに、国内は買い越しでした。しかも信託銀行が大幅に買い越しています。信託経由で大量に注文を出す機関投資家が存在するということです」

 信託経由で株を買うのは、年金基金(GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人)や日本郵政のかんぽ生命、日銀など。「政府のPKO(株価維持策)が発動した可能性が高い」(証券アナリスト)ともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る