米国債の利回り低下は“リーマン・ショック再来”の足音か

公開日: 更新日:

「シェール・バブル」もはじける

 株価暴落のサインなのか――。市場関係者は神経をとがらせている。

 NYダウが連日のように史上最高値を更新するなど、このところ絶好調の米株式。だが、その裏では米国債が不気味な動きをしているのだ。10年国債利回り(長期金利)が低下を続け、ついに先週は2.5%を下回った。

「NY株の高騰は“米国経済の回復が堅調”で、“景気の先行きが明るい”からだと説明されていますが、景気回復が本物なら、長期金利も上がるはずです。株が上がれば、債券が売られ、長期金利が上がるというセオリーがある。ところが、現状は株高と長期金利の低下が同時進行しています。要するに、この株高は実体を伴っていないということです」(RFSマネジメント・チーフエコノミストの田代秀敏氏)

 米国の株高はバブルに過ぎない。いずれ冷え込む局面を迎えそうだが、気になるのは、米長期金利が日本経済の「先行指標」とされていることだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る