過労自殺裁判のらりくらり…ワタミ変わらないブラック体質

公開日:  更新日:

 最終損益が49億円の赤字に転落したワタミ。先月29日の株主総会後の講演会で創業者の渡辺美樹氏(54)は、ブラック企業批判が業績に影響したことを謝罪した上で、その大きな原因となった係争中の6年前の新入社員の“過労自殺”について「一生背負う十字架だ」と懺悔していた。
 さて、この会社は本当に変わったのか。3日、過労死第4回裁判が開かれた。

 これまでの公判でワタミ側は「労務管理に問題はない」との姿勢を貫いてきた。この日の法廷でも、会社の労務管理を知る上で不可欠な「24件の是正勧告及び17件の指導票、是正報告書」の提出について、「時期を限定してほしい」「本件との関連性が希薄」と、あれやこれや理由を付けてかたくなに拒んでいた。ワタミ側の準備書面を見ても、被害者が“休日出勤”させられていたボランティア研修等について「従業員の成長のために参加を推奨していたもので、強制していない。労働時間と認められない」という旨の言い訳に終始している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る