サンゴ密漁対策? 海保「元職員150人募集」の大義名分

公開日:  更新日:

 海上保安庁が退職した職員に「再採用」の募集をかけていることが話題になっている。12月3日まで応募を受け付け、作文や面接、体力検査などを経て12月下旬に採用を決定、来年1月1日から雇用する計画だ。対象は中途退職者で、採用された時点で60歳未満であることが条件。定年退職者は対象外。採用されると通常の国家公務員の身分が保証される。

 同庁は毎年、若干名を再採用してきたが、今回のように150人というまとまった数字を募集するのは初めて。海保といえば、小笠原諸島海域で赤サンゴを密漁する中国船に対する警戒の仕事が急増している。その対策のために大規模な再採用を行うのか。

■転職失敗者の救済?

「赤サンゴ対策ではなく、尖閣諸島の周辺海域で万全な警備体制を構築するため、船の経験や通信、法律の知識などがある即戦力を獲得することが目的です。海上保安庁は現在、尖閣周辺の巡視船、巡視艇に全国から職員の応援派遣を受けていますが、職員を増やすことで平成27年度内にきちんとした“専従体制”を敷く方針です」(同庁広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る