サンゴ密漁対策? 海保「元職員150人募集」の大義名分

公開日:  更新日:

 海上保安庁が退職した職員に「再採用」の募集をかけていることが話題になっている。12月3日まで応募を受け付け、作文や面接、体力検査などを経て12月下旬に採用を決定、来年1月1日から雇用する計画だ。対象は中途退職者で、採用された時点で60歳未満であることが条件。定年退職者は対象外。採用されると通常の国家公務員の身分が保証される。

 同庁は毎年、若干名を再採用してきたが、今回のように150人というまとまった数字を募集するのは初めて。海保といえば、小笠原諸島海域で赤サンゴを密漁する中国船に対する警戒の仕事が急増している。その対策のために大規模な再採用を行うのか。

■転職失敗者の救済?

「赤サンゴ対策ではなく、尖閣諸島の周辺海域で万全な警備体制を構築するため、船の経験や通信、法律の知識などがある即戦力を獲得することが目的です。海上保安庁は現在、尖閣周辺の巡視船、巡視艇に全国から職員の応援派遣を受けていますが、職員を増やすことで平成27年度内にきちんとした“専従体制”を敷く方針です」(同庁広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る