「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

公開日: 更新日:

 本命視されていた巨人ではなかった。

 前ジャイアンツの筒香嘉智(32)が古巣・DeNAへの5年ぶりの復帰を決断したという。その去就を巡って一部スポーツ紙は「巨人決定的」と報じていた。実際に巨人も獲得に手応えを感じていたという。

「巨人は筒香に3年程度の複数年契約を提示したうえに、阿部監督の現役時代の背番号『10』も用意した。阿部監督は筒香とかねて公私ともに親交があり、食事をしたり、治療院を紹介したりする仲。新助っ人のオドーアが開幕直前に電撃退団したこともあり、獲得前の段階で『選手としては実績十分だし、人間性も素晴らしい』とコメントするなど、獲得を熱望した。巨人とDeNA以外では、ヤクルトソフトバンクなども関心を持っていたようですが、条件面では他球団をリードしていたともっぱらです」(パ球団編成担当)

 が、筒香は古巣への復帰を決断。元サヤに収まり、巨人は土壇場で恋人にフラれる結果になった。

「DeNAが複数回の交渉で条件を上積みするなど、攻勢をかけました。ポスティングで筒香を送り出す際に、日本球界復帰時の出戻りを熱望。巨人が以前から獲得を目指していることも把握しており、萩原チーム統括本部長は、『できる範囲の中で最大の条件を出している』と、最終的に巨人と同等かそれ以上の条件を提示。『監督手形』を約束したとのウワサもある。昨年、助っ人のバウアーを獲得する際に、アパレルブランドとのコラボやロッカールームなどでの動画撮影を許可する旨を契約に盛り込んだように、筒香が地元・和歌山で行う野球振興のサポートを約束した可能性もあります」(同)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる