• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過失も知らんぷり…会見で分かったマクドナルドの企業姿勢

 何のために開いた緊急会見だったのか。相次ぐ異物混入問題を受け、日本マクドナルドが7日、都内で会見を開いた。100人以上の報道陣が詰め掛け、会場には30台以上のテレビカメラが並んだが、肝心の中身はスカスカだった。

「深くおわびする」「一切あってはならないこと」――。出席した日本マクドナルドの菱沼秀仁、青木岳彦の両取締役は会見でこう繰り返したが、「三沢店」(青森県三沢市)や「東陽町駅前店」(東京都江東区)で見つかったビニール片入りナゲットの「混入原因」は明らかにされないまま。防止策も「できるだけの努力をする」と歯切れの悪い説明に終始した。

 驚いたのは「異物混入」に対するマックの公表姿勢の在り方だ。昨年12月、福島県郡山市の「4号線郡山安積店」で「サンデーチョコレート」にプラスチック片が見つかり、食べた子供が口の中をケガしたが、マックは公表しなかった。この姿勢を問われた青木取締役は「適切だった」と強調したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る