マック激震 やっぱり怖い中国産「危ない鶏肉」の見分け方

公開日:  更新日:

 上海の食品会社が、保存期限を過ぎた鶏肉を混入させた商品を日本に輸出していたことが発覚し、日本企業がパニックになっている。日本マクドナルドは、国内で販売している「チキンマックナゲット」のうち2割を同社から輸入していたと22日に発表した。

 上海のこの食品会社は、保存期限が7カ月も過ぎた腐った鶏肉を平気で使っていた。上海のテレビ局の記者が工場に潜入し、職員に「肉が青く腐っているよ」と指摘すると、その職員は「そう、腐った肉だ」「でも食べても死なないよ」と悪びれもせずに答えているのだから、唖然とするしかない。今回はたまたま発覚したが、これまで多くの日本人が腐ったチキンを口にしていたのは間違いなさそうだ。

 もはや、店で売っているモノも安心して食べられない。“危ない鶏肉”を避けるにはどうすればいいのか。

「加工肉に限らず、中国産の鶏肉は生肉でもリスクが高い」と警鐘を鳴らすのは、消費者問題研究所の垣田達哉代表だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る