マック激震 やっぱり怖い中国産「危ない鶏肉」の見分け方

公開日:  更新日:

 上海の食品会社が、保存期限を過ぎた鶏肉を混入させた商品を日本に輸出していたことが発覚し、日本企業がパニックになっている。日本マクドナルドは、国内で販売している「チキンマックナゲット」のうち2割を同社から輸入していたと22日に発表した。

 上海のこの食品会社は、保存期限が7カ月も過ぎた腐った鶏肉を平気で使っていた。上海のテレビ局の記者が工場に潜入し、職員に「肉が青く腐っているよ」と指摘すると、その職員は「そう、腐った肉だ」「でも食べても死なないよ」と悪びれもせずに答えているのだから、唖然とするしかない。今回はたまたま発覚したが、これまで多くの日本人が腐ったチキンを口にしていたのは間違いなさそうだ。

 もはや、店で売っているモノも安心して食べられない。“危ない鶏肉”を避けるにはどうすればいいのか。

「加工肉に限らず、中国産の鶏肉は生肉でもリスクが高い」と警鐘を鳴らすのは、消費者問題研究所の垣田達哉代表だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る