中国の前は日本代表…マック・カサノバ社長「泣きっ面に蜂」

公開日: 更新日:

 29日のサラ・カサノバ(49)社長兼CEOの会見を受け、日本マクドナルドの株価が続落した。マックナゲットの調達先だった中国工場による使用期限切れ食肉問題が発覚して以降、売上高は「計画より15~20%減っている」(同社)と“客離れ”は深刻だ。

 売り上げ減が続く同社の再建を託されたカサノバ社長だが、来客数は14カ月連続のマイナス。弱り目にたたり目の彼女を襲ったのが、今回の“腐った肉”の騒動なのだ。

 だが、カサノバ社長は今回の騒動の前にも、思いっきり足を引っ張られた相手がいる。「それはサッカーの日本代表です」と言うのは、流通ジャーナリストの西川立一氏だ。

「カサノバ社長は売り上げアップの起死回生策として、6月にW杯に臨むサッカー日本代表を応援する大キャンペーンを張りました。日本独自のブラジルバーガーやジャパンバーガーを発売し、キッズサポーターも募集。ところが、日本勢の不調でキャンペーンは盛り下がるばかり。人気に便乗したつもりが、逆に足を引っ張られてしまいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  4. 4

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  5. 5

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  6. 6

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  7. 7

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  8. 8

    コロナ死1万人増の最悪シナリオ 逃避変異に感染研が警鐘

  9. 9

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る