マクドナルドは“マジシャン”原田社長退任で復活できるのか

公開日: 更新日:

 日本マクドナルドHDを10年率いた原田泳幸氏(65)が経営の第一線から退く。CEOを退任し、代表権のない会長になるという。昨年8月に事業会社「日本マクドナルド」のCEOになったサラ・カサノバ氏(48)が就任するが、外国人女性の経営手腕によってマックはよみがえるか。

 マックが「勝ち組」ともてはやされたのは昔の話だ。100円マックなどを次々とヒットさせた原田氏の経営戦略にほころびが目立ち始め、13年12月期連結決算は、最終利益が前年比で6割も減り2期連続の減収減益となった。深刻なのが“客離れ”で、昨年10―12月の既存店の客数は前年同期比で2ケタ減。売上高も昨年7月から6カ月連続でマイナスとなった。

 カサノバ氏は、もともとの強みだったファミリー客を増やす「原点回帰」策を打ち出してきた。母親が好みそうなカロリー低めのヘルシーなメニューを用意し、子供向けのイベントを増やして家族連れを取り込む戦略だ。同時に不採算店など143店を閉鎖し、宅配サービスを強化する方針。果たしてうまくいくのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る