ゴキブリ混入「ペヤング」が生産休止に踏み切ったワケ

公開日: 更新日:

「顔は四角でも味はまろやか~」。テレビCMでお馴染みのカップ麺「ぺヤングソースやきそば」が生産休止に追い込まれた。商品の製造過程で「ゴキブリが混入した疑い」が強まったのだ。

 製造元の「まるか食品」(群馬・伊勢崎市)に今月初め、消費者からゴキブリ混入の指摘があり、同じ製造ラインで作られた約4万6000個を回収して調べていた。

 生産を休止する商品は、全国で販売しているぺヤングブランドの全24種類。期間は未定だ。

「ぺヤングソースやきそば」は75年に販売開始。当時は高価だったカップ麺を、若い(ヤング)カップル(ペア)が分け合って食べることをイメージして名づけられ、業界初の「液体ソース」で人気を集めてきた。今では群馬県民の「ソウルフード」といわれる超ロングセラー商品だ。

 その主力商品を商品回収にとどまらず、販売休止とは驚きだ。経営に与える打撃も大きいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る