不動産“局地バブル”鮮明も…都市部の買い手は外国人ばかり

公開日:  更新日:

 国交省が18日に発表した公示地価で不動産の局地バブルがクッキリ表れた。全国平均は7年連続の下落で、被災地と都市部以外はメタメタだ。

 都道府県別上昇率トップの福島県は、住宅地の上位10地点も独占。いわき市内がズラリと並んだ。帰還困難区域からの移転需要が要因だ。一方の東京、大阪、名古屋の3大都市圏は2年連続で上昇。住宅地は前年比0.4%、商業地が1.8%のプラスだった。

 2020年の東京五輪開催まで上げ相場が続くなんて見方もあるが、本当なのか。住宅ジャーナリストの榊淳司氏はこう言う。

「今回のバブルはアベノミクスによる3要素が引き金です。富裕層の相続税対策、黒田バズーカと消費増税の延期。それに、円安で外国勢が買い意欲を高めていることです。とりわけハイペースで値上がりしているのが東京の山手線周辺、世田谷、武蔵小杉。京都の御所周辺と下鴨、仙台市です。こうした動きは主要都市に波及し始めていますが、ピークは再増税が実施される17年4月とみています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る