マイホームの狙い目 「地価が下がりにくい都市」厳選29

公開日: 更新日:

 国土交通省が18日発表した「基準地価」によると、東京、大阪、名古屋の3大都市圏の住宅地が6年ぶりに上昇した。日銀の緩和マネーと外国の投機マネーが“都市部”に流れ込んでいるのが原因だ。地方の8割は下落が続いている。いずれ都市部の地価上昇も“人口減少”と“消費増税”のダブルパンチで息切れするのは時間の問題だが、それでもマイホームを買うなら「狙い目の都市」がある。

 今回、都内で上昇率トップだったのは前年比10.8%の東京・中央区月島3丁目。臨海部が東京五輪に向けたインフラ整備の期待から上昇した。ほかに上昇が目立った地域は、リニア中央新幹線の始発駅になる港区の品川駅周辺などだが、こうした人気エリアの地価は“材料”がなくなればすぐに下がる。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。

「湾岸エリアの億ションは『即日完売』が相次いでいますが、“バブル”はいつはじけるか分かりません。例えば地震です。津波が高層タワーマンションを丸ごとのみ込むことはないでしょうが、低層階が浸水すれば価値は一気に下がります。いっときの人気に惑わされないことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る