• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マイホームの狙い目 「地価が下がりにくい都市」厳選29

 国土交通省が18日発表した「基準地価」によると、東京、大阪、名古屋の3大都市圏の住宅地が6年ぶりに上昇した。日銀の緩和マネーと外国の投機マネーが“都市部”に流れ込んでいるのが原因だ。地方の8割は下落が続いている。いずれ都市部の地価上昇も“人口減少”と“消費増税”のダブルパンチで息切れするのは時間の問題だが、それでもマイホームを買うなら「狙い目の都市」がある。

 今回、都内で上昇率トップだったのは前年比10.8%の東京・中央区月島3丁目。臨海部が東京五輪に向けたインフラ整備の期待から上昇した。ほかに上昇が目立った地域は、リニア中央新幹線の始発駅になる港区の品川駅周辺などだが、こうした人気エリアの地価は“材料”がなくなればすぐに下がる。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。

「湾岸エリアの億ションは『即日完売』が相次いでいますが、“バブル”はいつはじけるか分かりません。例えば地震です。津波が高層タワーマンションを丸ごとのみ込むことはないでしょうが、低層階が浸水すれば価値は一気に下がります。いっときの人気に惑わされないことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る