マンション買うならココ! 首都圏「儲かる確率」ランキング

公開日:  更新日:

 住宅購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物だ。3%の増税でも負担はズシリと響く(土地代は非課税)。最近、建築資材や人件費の高騰の話もよく耳にする。ズバリ、いま家を買ってもいいのか。

 消費税増税によって、今後、不動産市場はどうなっていくのか?
 前回、97年4月に増税(3→5%)された際の新築マンションの価格推移を見れば、ある程度の“予測”はつく。

 東京カンテイのデータでは、増税前の96年に東京23区新築マンションは、駆け込み需要で4834万円にまで上昇。ところが、増税が始まった97年は、4488万円と7.2%も下落した。つまり、過去のデータ上では、“今がお得”ということになる。

 もちろん、97年は資産デフレの真っただ中。それに比べ、現在は震災復興や公共事業が拡大し、3月のセメント価格は前年比21.4%増、木材が同12.4%増、普通鋼鋼材同13.5%増と軒並み価格が上昇しているから、97年とはやや事情が違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る