マンション買うならココ! 首都圏「儲かる確率」ランキング

公開日:  更新日:

 住宅購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物だ。3%の増税でも負担はズシリと響く(土地代は非課税)。最近、建築資材や人件費の高騰の話もよく耳にする。ズバリ、いま家を買ってもいいのか。

 消費税増税によって、今後、不動産市場はどうなっていくのか?
 前回、97年4月に増税(3→5%)された際の新築マンションの価格推移を見れば、ある程度の“予測”はつく。

 東京カンテイのデータでは、増税前の96年に東京23区新築マンションは、駆け込み需要で4834万円にまで上昇。ところが、増税が始まった97年は、4488万円と7.2%も下落した。つまり、過去のデータ上では、“今がお得”ということになる。

 もちろん、97年は資産デフレの真っただ中。それに比べ、現在は震災復興や公共事業が拡大し、3月のセメント価格は前年比21.4%増、木材が同12.4%増、普通鋼鋼材同13.5%増と軒並み価格が上昇しているから、97年とはやや事情が違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る