ギリシャ&上海株が沈静化 日本“官製相場”再びヒートアップ

公開日: 更新日:

 兜町が再び浮かれはじめた。14日日経平均は一時、前日比345円高まで上昇。ギリシャ危機や上海株パニックはすっかり影を潜め、イケイケムードとなっている。

「株価上昇の理由は、ギリシャ問題や中国株の沈静化だけではありません。ここへきてGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の大量買いが、今後も継続すると読む投資家が大勢出てきたのです」(市場関係者)

 先週10日、GPIFは14年度の運用状況を公表した。資産総額は143兆9509億円。国内株の比率は13年度の15.9%から22.0%に急上昇だ。

「国内株の基本ポートフォリオは25%なので、残りは3%しかない。当初は、GPIFの株買い支えは終わりつつあるという悲観論が広がりました。ところが、ギリシャや中国株が落ち着いた途端に悪材料は見ないフリとなった。いつの間にか『買い余力は十分ある』に変わったのです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る