ギリシャ&上海株が沈静化 日本“官製相場”再びヒートアップ

公開日: 更新日:

 兜町が再び浮かれはじめた。14日日経平均は一時、前日比345円高まで上昇。ギリシャ危機や上海株パニックはすっかり影を潜め、イケイケムードとなっている。

「株価上昇の理由は、ギリシャ問題や中国株の沈静化だけではありません。ここへきてGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の大量買いが、今後も継続すると読む投資家が大勢出てきたのです」(市場関係者)

 先週10日、GPIFは14年度の運用状況を公表した。資産総額は143兆9509億円。国内株の比率は13年度の15.9%から22.0%に急上昇だ。

「国内株の基本ポートフォリオは25%なので、残りは3%しかない。当初は、GPIFの株買い支えは終わりつつあるという悲観論が広がりました。ところが、ギリシャや中国株が落ち着いた途端に悪材料は見ないフリとなった。いつの間にか『買い余力は十分ある』に変わったのです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る