久美子社長ピンチか 「大塚家具」裁判でパパが凄絶な反攻開始

公開日: 更新日:

「ハンカチで涙をぬぐう娘に、暴走発言を続ける父。まるで、3月の株主総会を見ているようでした。“劇場”再びという感じですね」(テレビ記者)

 13日、東京地裁で行われた大塚家具の「お家騒動」第2ラウンド。父親の大塚勝久前会長(72)が大塚家の資産管理会社「ききょう企画」に対して、社債償還を求めている訴訟だ。骨肉の争いを続ける父娘が、法廷の場で再び直接対決した。

 これまで純白スーツで新生・大塚家具をアピールしてきた大塚久美子社長(47)は、濃紺のスーツで登場。一方の勝久氏が公の場に登場するのは、3月27日の株主総会以来だ。

 勝久氏は08年に大塚家具の株130万株をききょう企画に譲渡。その際、代金15億円の代わりに社債を引き受けた。しかし、社債の償還期限の13年になっても代金は支払われず、訴訟に至っている。久美子氏は「支払いの延長は家族で合意していた」などと主張しているが、関係者の間では「主張に無理があるのでは」と噂されてきた案件だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る