日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

動き出す再生医療 15兆円市場を狙う「富士フイルム」の野望

 デカイのは軟骨の方だろう。

「培養軟骨の適応は、外傷と軟骨が剥がれる特殊なケースに限られ、変形性膝関節症は含まれていません。しかし、膝痛の主因は変形性膝関節症で、患者数は2400万人に上る。富士・J-TEC連合は近い将来、そこへの適応拡大を狙っているのではないか」(前出の厚労省関係者)

 培養軟骨の価格は208万円。患者の自己負担は十数万円で済むが、適応拡大されたらメーカーにすごいカネが入ることになる。古森会長は安倍首相とゴルフを重ねる“お友達”だけに強気になるのも納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事