• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相場ジンクス通りなら…株価は今週中に「2万円」に乗せる

 兜町が浮足立っている。今週は、届きそうで届かなかった「日経平均2万円」が見えてくるというのだ。

「11月下旬に1万9994円を付けましたが、8月20日以来となる2万円台はお預けでした。でも、今週はスペシャルウイークです。大台回復は間違いありません」(市場関係者)

 随分と自信満々だが、これには理由がある。過去15年間、11月の最終営業日を含む週は株価が上昇しているからだ。

 2000年の約520円上昇を皮切りに、14年の約102円上昇まで負け知らずの15連勝。上昇額の平均は約406円なので、今年が例年並みだとしたら、12月4日(金)の日経平均は2万289円となる。

「あくまで相場ジンクスですが、この時期は米国の感謝祭があり、クリスマス商戦がスタートします。市場に勢いがつく週だし、それなりの根拠はあるのです。日経平均が2万円にタッチする可能性は高いと思っています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る