• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

相場ジンクス通りなら…株価は今週中に「2万円」に乗せる

 兜町が浮足立っている。今週は、届きそうで届かなかった「日経平均2万円」が見えてくるというのだ。

「11月下旬に1万9994円を付けましたが、8月20日以来となる2万円台はお預けでした。でも、今週はスペシャルウイークです。大台回復は間違いありません」(市場関係者)

 随分と自信満々だが、これには理由がある。過去15年間、11月の最終営業日を含む週は株価が上昇しているからだ。

 2000年の約520円上昇を皮切りに、14年の約102円上昇まで負け知らずの15連勝。上昇額の平均は約406円なので、今年が例年並みだとしたら、12月4日(金)の日経平均は2万289円となる。

「あくまで相場ジンクスですが、この時期は米国の感謝祭があり、クリスマス商戦がスタートします。市場に勢いがつく週だし、それなりの根拠はあるのです。日経平均が2万円にタッチする可能性は高いと思っています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る