• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「国債離れ」で反旗 三菱vs日銀に飛び交う“出来レース説”

 8日、日本経済新聞がスッパ抜いた三菱東京UFJ銀行の「国債離れ」。国債入札の特別資格を来月にも返上する見通しで、国内銀行では初となる。黒田日銀のマイナス金利政策に公然と反旗を翻したメガバンクに熱視線が注がれているが、「なぜこのタイミング?」といぶかる向きも少なくない。

 三菱東京UFJ銀行の小山田隆頭取は8日、国債市場特別参加者の資格返上について、「国債をマイナス金利で買って満期まで持てば、収益は当然マイナスという形になるので」などと、自宅に押しかけてきた報道陣に語っていた。

「子どもでも分かる理屈で、小山田頭取のコメントに尽きますね。マイナス金利のせいで、国債入札にもマイナス利回りが生じている。三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長も4月の講演会で、『懸念を増大させている』と黒田日銀を批判していた。三菱VS日銀は今に始まった話ではありませんが、業界内は『さすが三菱』『よくやった』などと歓迎ムードです」(メガバンク関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る